AMS Z!Shield


再起動でいつも新しいパソコンに

zshield01AMS Z!Shieldは、パソコン環境の復元を行うソフトウェアです。環境を変えたくないドライブ、フォルダやファイルを設定するとパソコンを再起動する度に元の環境に復元します。
学校のように一台のパソコンを大勢の生徒が利用する環境では、生徒一人一人が環境を変更していては管理が大変です。
生徒が好きなようにデスクトップの壁紙を変更したり、ショートカットアイコンが変更されても再起動すれば設定した状態に戻してくれるので安心して使わせることができます。



再起動による復元

disp_flesh
①パソコン環境の保護設定
利用するパソコン環境の保護設定をします。

②各パソコンの環境が変更される
利用者が好きなようにデスクトップの壁紙やアイコンを変更してしまう。

③再起動による復元
パソコンを再起動することにより設定した環境に復元されます。


特 長

復元設定復元設定
復元対象は、ドライブ、フォルダ、ファイル単位で設定が可能です。保護対象外設定も同様にドライブ、フォルダ、ファイル単位で行えます。
ネットワークネットワーク管理
ネットワークに対応しているので、多大数のパソコンのメンテナンスや、分散しているパソコンの復元もサーバーから一括管理ができます。
リモート機能リモート機能
サーバーからクライアントパソコンの電源オン・オフ、ログイン・ログオフ、画面リモートが可能なので設定変更などを一斉に行えます。
ウィルス対策ウィルス対策ソフト連携
ウィルス対策ソフトと連携しているので復元を行ってもパターンファイルやレジストリ情報などは最新の状態で運用可能です。
辞書登録設定辞書登録設定
通常は復元されてしまう辞書登録機能もチェック一つで復元対象から除外できます。
zshield_winWindows10対応
最新OSのWindows10に対応しています。


インターフェース

zshield03

Z!Shieldサーバー画面
操作はボタンで行うことができ難しい操作は必要ありません。クライアントのグループ分けをすることにより、PC教室や職員室、特別教室などに分けて設定作業が行えます。

zshield04

Z!Shieldクライアント画面
ネットワークが利用できない場合でもクライアント単体で設定変更が可能です。


スクリプト機能

■多彩なコマンドによる制御
メンテナンスに必要な機能がコマンドで用意されているので簡単に設定できます。
コマンド機能抜粋
・電源管理(ON/OFF)やログオン、ログオフ
・メッセージ表示機能、入力機器ロック機能
・AMS Z!Shieldのモード変更
・ファイル転送機能
・WindowsUpdate機能
・チェックディスク機能

■入力機器ロック機能
メンテナンスは、通常夜間のスクリプト実行により行いますが、急遽パソコンを利用する人がいる時間帯に行わなければならない場合もあります。 ScriptRunnerでは、メンテナンス中のパソコンへのメッセージ表示とキーボード・マウスロック機能によりメンテナンス中のパソコンへの誤操作を排除します。これにより安心して日中でもメンテナンスが可能となります。

■複数スクリプトの同時実行
複数のスクリプトを同時に実行させることが出来るので、グループ毎に、異なるスクリプトを実行させることが出来ます。
例えば
・時間割に合わせての電源ON/OFFの自動化
・最終下校時刻に確実に電源OFFの自動化
・Windows7、Windows8.1での別々のメンテナンス


Windows アップデート

インターネットを活用した調べ学習などが定着する一方、セキュリティーポリシーに対する配慮が必要となります。環境復元ソフトが適用されているパソコンは、毎月Microsoft社から提供されるデータをインストールやダウンロードしても起動後に元に戻ってしまします。そこで、『スクリプト機能』が先生方の悩みを解決します。
zshield_cycle


AMS Z!Shieldと競合するソフトウェアについて

以下のソフトウェアは、AMS Z!Shieldと同一環境で動作させる場合注意が必要な製品です。
(2017/4/1現在)

  • デフラグを行うソフト全般
  • ディスク修復を行うソフト全般
  • パーティション変更ソフト
  • ディスク暗号化ソフト
  • StandbyDisk (ネットジャパン社製)
  • VMware Workstation(ヴイエムウェア社製)
  • HP Backup & Recovery Manager(ヒューレット・パッカード社製)
  • Rescue and Recovery / Rapid Restore Ultra(レノボ社製)
  • USB接続セキュリティーキー UCLEFⅢ(型番:PUS-UCL3)(プリンストンテクノロジー社製)
  • エクセル統計(社会情報サービス社製)
  • Vectorworks(エーアンドエー株式会社製)
  • Intel Rapid Start Technology(インテル株式会社製)

詳細については、お問い合わせ下さい。


動作環境

■ AMS Z!Shield 5.0 動作環境

  • サーバーPC
OS : Windows Server 2016
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows 8.1 Professional (32bit および 64bit)
Windows 10 Enterprise (32bit および 64bit)
Windows 10 Education (32bit および 64bit)
Windows 10 Pro (32bit および 64bit)
Windows 10 Enterprise 2015 LTSB(32bit および 64bit)
Windows 10 Enterprise 2016 LTSB(32bit および 64bit)
マシンスペック : OS推奨以上
ディスプレイ解像度: 1024×768 以上

 

  • クライアントPC
OS :  Windows 8.1 Professional (32bit および 64bit)
Windows 10 Enterprise (32bit および 64bit)
Windows 10 Education (32bit および 64bit)
Windows 10 Pro (32bit および 64bit)
Windows 10 Enterprise 2015 LTSB(32bit および 64bit)
Windows 10 Enterprise 2016 LTSB(32bit および 64bit)
BOOTモード: LegacyBIOS モードに対応。UEFI には未対応
CPU : 32 ビット:1GHz 以上の32 ビット(x86)プロセッサ
64 ビット:1GHz 以上の64 ビット(x64)プロセッサ
HDD : IDE/SCSI/SATA(SSD 含む)
ファイルシステム: NTFS/FAT32
ネットワーク: 100Mbps以上
ウィルス対策ソフト:   Symantec Endpoint Protection 12.1 RU6 MP9
Symantec Endpoint Protection 14 RU1
ウイルスバスター コーポレートエディションXG
エフセキュアクライアントセキュリティ 12.31
ESET Endpoint アンチウイルス V6.5
Sophos Endpoint Security and Control 10.7
Windows Defender
※最新の対応ウィルス対策ソフトのバージョン、対応OSの詳細については弊社までお問い合わせください。